極私的マンガウォッチング「B館」

アクセスカウンタ

zoom RSS シアトルのオタクな風景3

<<   作成日時 : 2007/02/19 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【シアトルのオタクな風景3】
マンガ雑誌売り場に見るお国柄。

宇和島屋ビレッジの中にある紀伊国屋書店シアトル支店は北米最大(?)の日本書店。海外にいながらにして国内書店並の品揃えを楽しめます。


画像

一番奥の壁沿いはずらりと日本のコミックス。一つ手前の棚はアニメDVD、アニメ系画集等、英語版コミックス、中文版コミックスが占めます。2階は文庫本。



それでは紀伊国屋書店シアトル支店のマンガ雑誌コーナーを眺めてみましょう。


画像

その1。微妙なラインナップ。


画像

その2。週刊誌。ジャンプ、マガジン、サンデーはそろい踏み。


画像

その3。アフタヌーンもあります。雑誌の最新号は船便で約3週間遅れで入荷されます。


画像

その4。女性向け雑誌はマンガに限らず比較的充実している気が。海外赴任者の妻子需要?


さて、マンガ雑誌のラインナップが偏っていることにお気づきでしょうか。青年誌の棚を見ると顕著ですが、モーニング、イブニング、ビッグコミックオリジナルといった渋い誌面が目に付きます。アフタヌーンやコミックビーム、電撃大王にGファンタジー、マガジンGREAT、ガンガンパワード、ファング、コミックリュウもあるのに、ヤンジャンやヤンマガは置いていないんです。もちろんアニマルもありませんよ。

そう、この店の棚には『(表紙などに)水着グラビアが載ったマンガ雑誌』がないんです。さすがアメリカ。プレイボーイがビニールパックでレジの後ろに置かれるお国柄は伊達じゃありません。日本国内ではコンビニ書棚戦争の要とも言える水着グラビア戦法が、規制の厳しい海外では裏目に……。

まあ、コミックスコーナーでは普通に「ユリア100式」とか売ってますけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シアトルのオタクな風景3 極私的マンガウォッチング「B館」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる