040414(水)

週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
スーパージャンプ

------
■04年第2四半期のTVアニメ新作第1話雑感その4。

「GANTZ」。期待度5。
不条理SFアクション。
原作の怪しさは出ている。CGの多用が目に障るが、映像的には可もなく不可もなく。板野一郎監督作品。
部屋に転送されてくるシーンの人体断面は、先日の東京国際アニメフェアGONZOブースで見たオリジナルではしっかり描き込まれていたけれど、TV放送版では白光で処理されてました。

------
アニメ、ゲームを担保に融資 政策投資銀が新制度(FujiSankei Business i.)

コンテンツ不正流通の防止と、権利者IDによる公正利用が今後の課題 デジタル時代の著作権協議会シンポジウム (INTERNET Watch)

画面内を泳動するインクが、紙をリアルに表現~読書端末「リブリエ」 (1/2)(ITmedia)

松本零士さんが東北福祉大で講義 アニメ使い教材作り(産経)

ポール・マッカートニーのアニメ DVD化(産経)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック